印刷検査のナビタスビジョンとAI技術での業務提携のお知らせ

2020.01.30

当社は、高い印刷品質検査技術を有するナビタスビジョン株式会社(本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役社長:辻谷潤一)とAI技術での業務提携を行いましたのでお知らせいたします。

AI技術・深層学習技術で画像の学習済みモデルを作成するWebアプリケーションツール・POODL(プードル)は印刷検査の現場に導入され高い評価を受けております。当社はAI技術を通じて、検査システムで検出した欠陥種類の自動分類、過検出の抑制、そして印刷の上流工程へのフィードバックの実現など、ナビタスビジョン株式会社の企画する次世代検査機器の開発を支援いたします。

業務提携の背景と内容

近年のマシンビジョン技術やカメラ・センシング技術の発展により高速な画像検査システムの導入が進んでいます。しかし、検査装置導入後の企業でも依然として目視チェックが行われています。その最大の要因は印刷品質のばらつきと現在の画像処理技術の検出性能を適切に調整するのが困難であることです。現在のカメラ・センシング技術でも、印刷特有のノイズ判断や微妙な色の変化を画像として捉えることはできます。しかし、従来の画像処理手法では検出すべきものとそうでないものを識別することが困難なため、検査精度を高めると過剰な検出(過検出)が起こるなど、検査装置の検出精度と歩留まりの維持がトレードオフとなっています。
当社は高精度な学習モデル(推論モデル)を作成し製造現場に適用することで、いままでの画像処理技術では成しえなかったこれらの問題を改善しています。製品の利用(OEM:相手先ブランド製造)と技術支援をナビタスビジョン株式会社に提供することで、次世代の印刷品質検査装置の開発の支援をいたします。

タクトピクセル株式会社とナビタスビジョン株式会社のAI技術に関する業務提携の概要
AI技術に関する業務提携の概要

POODL(プードル)の特長

印刷工場のための深層学習モデル作成ツール POODL プードル https://poodl.cloud/

  • POODLは印刷製造の現場で発生する画像データを活用し、深層学習モデルを作成するためのアプリケーションで、印刷画像に特化した精度の高いモデル生成が可能です。
  • 実運用性と精度の高いモデル作成を可能にするため、現場の作業者が自ら画像のラベル付け(アノテーション)作業が行える操作画面を備えているほか、製造業の部署単位で権限管理を行う仕組みがあります。
  • 画像データの背景絵柄が変化しても、その表面に付着した異物などの欠陥を識別するモデルの生成が可能です。
  • 大量の画像を効率よく学習するための仕組みとともに、一般的なRGB画像だけでなく多チャンネル画像形式に対応するなど、当社独自の深層学習技術の研究成果を応用しています。
  • 印刷業の企業様がご利用頂ける価格プランの他に、印刷製造機器メーカー様と技術提携が行えるOEMライセンス提供も対応しています。検査機器との組込みや連携についてはWeb APIを介しての制御ができるほか、SDKやCLI等の開発用ツールキットも用意しております。
POODLのアーキテクチャ
POODLのアーキテクチャ

今後の展開について

当社は今後とも印刷検査装置メーカー、印刷装置メーカーと積極的に協業や業務提携を進め、すべての印刷産業にかかわる方々に生産性の向上や業務改善で貢献し、印刷産業界の発展に貢献できるよう歩んでまいります。

ナビタスビジョン株式会社について

2011年4月に設立。従来の画像処理による印刷品質検査において印刷機械の特性上避けることができない、印刷ばらつきや伸び縮み、見当ずれ・位置ずれが引き起こす「過検知」の問題に注目し、独自の印刷品質検査ソフトウエアを開発。検査対象としては高い技術的ハードルがあったシール・ラベルやプラスチックカード、ボトル・容器や軟包材、紙器など、いろいろな印刷加工物に対応、提供している。さらに、フィルム基板やセラミック基板、タッチパネル基板などの電子基板の外観検査や、電子部品の外観品質検査にもその適用範囲を拡げている。
https://www.nvs-one.com/

関連URL:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000037561.html