横浜市のスタートアップ支援プログラム<YOXO Accelerator Program>採択されました

2021.08.17

この度、横浜市のスタートアップ企業のアクセラレーションプログラム「YOXO Accelerator Program」に採択されました。
“社会課題解決に挑戦し、新時代を切り開くスタートアップ” の代表として、当社含め厳選された12社の採択です。

新型コロナウイルス感染症の影響などにより働き方、ライフスタイルだけでなく、ビジネスのあり方も変革を求められる中、DXやカーボンニュートラル(脱炭素)、エネルギー、AI、IoT、フードテック、ヘルスケア・ライフサイエンス、オンラインサービス等の分野で活躍されている同志の皆様と一緒に邁進してまいります。

このプログラムを通じて、メンターからのアドバイスを受けながら、ベンチャーキャピタルをはじめとする投資家様や大企業との連携を通じて、事業化の動きを加速させ、よりお客様のお役に立てる製品やサービスを提供していきます。

<2021年プログラム参加スタートアップ企業一覧>
https://yoxo-accelerator.com/

<YOXO Accelerator Programとは?>
横浜市は、「横浜での“クロスオーバー”からイノベーション創出」を目指して、 YOXO(よくぞ)のテーマのもと、スタートアップの支援に取り組んでいます。
スタートアップのビジネスの成長・発展に向けた、専門家によるメンタリングや事業会社とのマッチング、各種のイベント・セミナー、VC等に向けた成果発表会などを実施するアクセラレータープログラムです。


クラウドサービス型オンライン校正検版ツール proofrog “プルーフロッグ” は、印刷データやデジタルコンテンツの更新差分をクラウド上で手軽に校正・共有できる新しいWebサービスです。

プルーフロッグ proofrog